適切な冷蔵庫の買い時は?【徹底解説】

そろそろ冷蔵庫を買い換えようと思っているあなたへ

冷蔵庫は突然に壊れますよね。すこし冷えにくくなったなど小さな変化に気づくようになったら数カ月後には壊れてしまいます。

冷蔵庫の買い替え年数は約11年と言われています。

冷蔵庫は高額なのですぐには買い換えられないという人は少なくないはずです。実は冷蔵庫にも買い時というものがあるのです。現在、省エネ性能などがすぐれていて、電気代があまりかからない冷蔵庫も増えてきています。買い時に冷蔵庫を買えば、少しは安く購入できます。話題の機能がついた冷蔵庫でも購入できるはずです。そこで買い換えようと考えてるあなたへ!冷蔵庫の買い時など損しない方法を紹介します!

PublicDomainPictures / Pixabay

冷蔵庫は買い時が重要

冷蔵庫の買い時というのはすごく重要なものです。時期によっては半額になる時もあります。

なぜ冷蔵庫にも買い時があるのか、それは、冷蔵庫は年に一回モデルチェンジがあるからです。つまり、ここでの考え方は新製品が発売されたので前作が型落ちするということです。

型落ち品といっても価格が安くなっただけであって性能などはあまり変わらないのです。

たしかに新製品と型落ち品とでは新製品のほうが性能は上です。しかし、新製品を定価で買うのと前作を安く買うのではどちらがお得でしょうか。これは人によって考え方がちがうでしょう、

買い時をしっかりと捉えて購入すれば高性能な冷蔵庫が安く手に入り、得をするのです。

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

冷蔵庫が安くなるのはこの時期

冷蔵庫が安くなるのは「8月後半~9月」です!

なぜかというと・・・

前にも記述したように、冷蔵庫にはモデルチェンジがあります。

冷蔵庫は10月~11月にかけてモデルチェンジがされ、新機種が発売されます。

つまり、旧モデルは型落ちとなってしまい、売りにくくなってしますのです。そのため店では早く在庫を減らそうと在庫一掃セールが行われます。

半額になるときもあるので、モデルチェンジの直前が狙い目なのです。

しかし、性能はどうなのかが気になりますよね。

型落ちとなった旧モデルというものの、実際は新機種の一つ前の機種なので性能はあまり変わらないのです!

安くて性能は気にならないとなると、やはりモデルチェンジの直前のこの時期は大チャンスですよね。

Peggy_Marco / Pixabay

冷蔵庫の買い時を逃してしまったら

買い時を逃しても、安く買う方法は工夫すればたくさんあります。

店で買うときにも安く買う工夫があるようです。

まず、展示品を狙うということを頭に入れておきましょう。

展示品は多少傷があったとしても性能は変わらず使用できます。

雨の日に買うというのも安く買う手です。

なんと雨の日にわざわざ買いに来る人に値引きするという可能性があるというのです。

設置費用を考えるのも大切ですね。

設置費用は店によってだいぶ変わります。なのでしっかり比べて考えましょう。

これは安く買う方法ではないのですが、

省エネの冷蔵庫や電気代が安い冷蔵庫を買うようにしましょう。

電気代を考えて冷蔵庫を買うのと何も考えないで買うのでは

電気代を考えて買ったほうが断然安く済みます。

まとめ

今回は冷蔵庫の買い時について考えていきました。

頭に入れておきべきことは、モデルチェンジの直前を狙うということです。

他にも安く買う方法を紹介しましたが、あくまで参考なので

安くなる方法は工夫すればまだまだたくさんあると思います。

たくさん工夫して得をしていきましょう!