オイルヒーター デロンギのメリットデメリットまとめ

オイルヒーターの定番デロンギ

乾燥せずに空気も汚さない安全な暖房として、ここ数年で一気に人気に火が付いたオイルヒーター。

オイルヒーター=デロンギ社と思う方も少なくないと思います。オイルヒーターにおいては、もはや超有名な定番のメーカーと言っても過言ではないのではないでしょうか。

今では他社メーカーも追いつけ追い越せとばかりにオイルヒーターを作っています。

 

デロンギのオイルヒーターは何故人気なの?

では、どうしてデロンギのオイルヒーターが他社を圧倒的に抑えて人気があるのでしょうか。

口コミなどを除いてみると「電源入れてからなかなかすぐには温まらないと聞いていましたが、なんのなんの12畳と8畳の間に置いてみました。

この時期というのもありますが快適さが実感できました。買ってよかったです。」「エコモードなどの性能と、オイルヒーターと言えばデロンギ!という風にしか思い浮かばないくらい信頼性が高いので、デロンギにしました。」

などといった声がありました。快適性と、メーカーの信頼性というのもデロンギのオイルヒーターが人気の理由かもしれません。

 

デロンギのオイルヒーターの主な特徴はコレ!

デロンギのオイルヒーターだけには限りませんが、オイルヒーターは、密閉されたオイルによってお部屋全体をムラなく暖めます。

そのうえ、オイルの交換や補充も不要なので手軽で便利な暖房器具です。そんなオイルヒーターのしくみについて、図解でわかりやすくご説明します。

  1. ①電気で中のオイルを暖めます
  2. ②オイルがまわってパネルを暖めます
  3. ③パネルからの放熱でお部屋全体を暖めます

お部屋が暖まる様子のサーモグラフ

スイッチオンから5分後サーモグラフ

お部屋全体をゆっくり暖めます。

POINT窓の近くに置くと冷気がお部屋に入るのを防げるので、効率よく暖まります。

スイッチオンから15分後サーモグラフ

温風を使わないので温度のムラがほとんどなく、お部屋が均一に暖まります。

POINT急激な温度変化がなく、からだにやさしい暖め方です。

スイッチオンから25分後サーモグラフ

お部屋を均一に暖めるため、床、壁、天井からも暖かさが感じられます。

POINTからだがつつまれるような独特の暖かさは、「陽だまりのようなぬくもり」と例えられます。

スイッチオンから35分後サーモグラフ

35分後、お部屋全体がムラなく暖まっています。

POINT35分で、壁や床の温度は6℃程度上がります。

*デロンギのHPから引用致しました。

 

デロンギのオイルヒーターのメリットはコレ

それでは、デロンギのオイルヒーターのメリットとはどんなものがあるのか調べてみました。

一番のメリットは、ほぼ全機種にエコモードが搭載されていることでしょう。他社のものでもエコモードなどが付いているものもありますが、全機種となるのは探してみた上ではデロンギだけでした。

合わせて、アフターケアもしっかりしているところが揚げられそうです。

 

デロンギのオイルヒーターのデメリットはコレ

それでは、反対にデロンギのオイルヒーターのデメリットは何でしょうか。

こちらも口コミなども含めて調べてみたところ、一番多かったのは「高い!」ということでした。

最初の費用が掛かるということで、良い商品だとわかっていても、他社のもので我慢する方も少なくないようです。

憧れのデロンギには手が届かず・・・というようなことを書かれている方もいらっしゃいました。

 

結局デロンギのオイルヒーターはオススメなの?

メリットやデメリットを上げると、結局はオススメなのかオススメではないのかどっちなんだ?ということになりそうですが、結論的には「オススメ」です。

その理由としてオイルヒーターのパイオニアであり、常にベストのものを提供し続け、省電力やエコに力を入れていることが揚げられます。

初期投資は掛かるかも知れませんが、故障も少ないとのことですので、長い目で見た時にオススメできるのはデロンギのオイルヒーターです。

 

オイルヒーター デロンギのメリットデメリットまとめ

いかがでしたか?

デロンギのオイルヒーターは、確かに他社のものに比べて高いというのは否めません。しかし、性能面や省電力に力を入れているところや、デロンギというメーカーへの信頼性などを加味した場合、オススメできる商品であることに間違いはないと思います。

後は個人の好みの問題になってくると思いますので、お財布と相談した上で購入の検討をしてみてください。