石油ファンヒーターの寿命はどれくらい? 買い替えの目安を解説

石油ファンヒーターを長く使い続けている方へ

寒い冬を乗り越えるために暖房器具は必要不可欠ですね。

その中でも、石油ファンヒーターを使われている方は少なくないのではないでしょうか。

長年石油ファンヒーター使い続けている方に、愛用の石油ファンヒーターはどのくらいで寿命を迎えてしまうのか、そして買い替えのタイミングはいつ頃なのかなど、まとめて解説していこうと思います。

石油ファンヒーターの寿命を考えたことはありますか?

そもそもですが、石油ファンヒーターの寿命を考えたことはありますか?

物は何でもそうですが、一生使い続けることが出来るものは稀なことで、いずれは使えなくなったり、壊れてしまう日がやってきます。

ただ、使えなくなる日がいつやって来るかなどを考えて使うことはないですよね。しかし、いずれやってくる石油ファンヒーターの寿命。

一体どのくらいで寿命を迎えるのでしょうか。

石油ファンヒーターの寿命はこのくらい

それでは一般的なファンヒーターの寿命を見てみましょう。

とあるネット情報によれば「その答えの1つが6年という数字です。」とありました。

実は、石油ファンヒーターや家電製品に限らず、ほとんどの製品には法定耐用年数というものが定められています。

石油ファンヒーターの場合、耐用年数が6年なので、メーカーは最低でも6年間は修理に対応できるよう、パーツを備えておく必要があるということです。

こう考えると、石油ファンヒーターの寿命は、6年と考えることができると思います。もちろん、6年未満で壊れることもありますし、10年以上使えることも珍しくありません。

それに、この耐用年数も国が決めているだけで、現実的ではないものもあるようです。

もっとも、石油ファンヒーターの場合は、火や燃料を使う機器なので、劣化や負担は大きいものです。

よくあるのが、灯油が気化しなくなることで着火しないという現象。これは、変質した灯油を使ったり、フィルターの汚れなどが主な原因ですが、まれに個体差による不運な故障もあります。

最近の石油ファンヒーターは、メーカーの保証期間が3年のものも多いので、少なくとも3年未満に故障してしまった場合は、まだまだ寿命には至っていないと考えられますので、まずは3年。

そして6年を一定の寿命の目安と考えてみてもいいかと思います。

石油ファンヒーターが寿命を迎えたら

もしも今お使いの石油ファンヒーターが寿命を迎えたら、その時は潔く買い替えることをおススメします。

というのも、経年劣化していく部品を変えたりして、ずっと同じものを使うこともできますが、先にも書いていたようにメーカーで在庫として持っている部品がなくなってしまうことや、修理工賃の方が高くつく場合などを考えると、新しいものを買う方が賢い選択になるでしょう。

愛用の石油ファンヒーターを手放すのは残念ですが、新しいものであれば今までよりもずっと性能の良いものが手に入ります。

石油ファンヒーターの寿命をできるだけ伸ばす使い方をしよう

石油ファンヒーターを少しでも長い間使うことが出来るようにするには、どのようにすれば良いのでしょうか。

ある検索を掛けたところ、石油ファンヒーターはドライバーなどがあれば簡単に分解できるので、2~3年に一度は分解して徹底的に掃除することをお薦めします、とありました。

分解してからホコリ等を吹き飛ばすのに重宝するのがパソコンなどの掃除の時に使用するエアダスターで、部品と部品の間の狭い場所のゴミやホコリをガンガン吹き飛ばすのだそうです。

それとシーズンが終わって石油ファンヒーターを片付ける前にやっておくこととして、それは石油ファンヒーターを空焚きして残っている灯油を全部使い切るようにすると良いようです。

こうすることにより余った灯油(去年の灯油)を使った場合のフィルターの汚れが石油臭い原因の元になったり、故障の原因になるのを防いぐことが出来るのだとか。

「古い灯油でも使えている」という人もいるかもしれませんが、それは3年ほどで石油ファンヒーターを使用できなくなる可能性が非常に高いとのことでした。

石油ファンヒーターの寿命はどれくらい?まとめ

いかがでしょうか。

石油ファンヒーターの寿命ですが、法定耐用年数で石油ファンヒーターの場合、耐用年数が6年なのでメーカーは最低でも6年間は修理に対応できるよう、パーツを備えていなければならないということでしたね。

一言で言えば6年間ということになります。ですが、日頃のメンテナンスを行っていれば、8年以上使っている方や、中には20年も使っている方もおられるようです。

メンテナンス次第では長年使えるかもしれませんね。