人気冷蔵庫メーカーを徹底比較

一体どこのメーカーの冷蔵庫を買えばいいか迷っているあなたへ

あなたは冷蔵庫を購入する際に、一体どこのメーカーを購入すればよいか悩んでいませんか?

家電屋さんにいって主に悩まれるのは、三菱、日立、パナソニック、シャープではないでしょうか。

簡単に各メーカーの特徴をまとめてみましょう!

●三菱

①大容量ですが限られたキッチンスペースに開ける省スペースである!

②冷却や冷凍に特徴!

→「氷点下ストッカーD」という機能があります。

これはチルドや冷蔵室より低温で保存できるため、凍らせずに保存できます。

●日立

①真空チルド室がある!
チルド室内を真空状態にすることで食品周囲の酸素を減らします。

それによって食品の酸化を抑えて、鮮度や栄養素を保つことができます
②新鮮野菜スリープ室を実現!

野菜の呼吸による炭酸ガス発生に加え、プラチナ触媒がエチレンガスやニオイ成分を分解することで、栄養素の消費を抑えます。

こうすることにより野菜を新鮮なまま保存することができます。

●パナソニック

①パーシャル冷凍がある!

食材を微凍結状態にすることで、贖罪を長持ちさせ、買った日のままの鮮度で保存することが可能です。

②ワンダフルオープンによって食材が取り出しやすい!

100%全開するため、奥までしっかり使うことができまた取り出す際も楽々です。

 

●シャープ

①野菜室が真ん中にある!

立ったまま野菜と取り出せるため、使いやすいです。

②メガフリーザーのため、取り出しやい!

冷凍室が三段に別れているため、大容量の収納もでき、また整理整頓がしやすいです。

 

人気冷蔵庫メーカーはこちら

●三菱

氷点下ストッカーD(MR-WX53Z)

こちらは、幅68.5cmにたっぷり入る555Lの冷蔵庫になっています。ツイン速鮮チルド機能でおいしさを長持ちさせます。また、タッチオープンのため両手がふさがっていても冷蔵庫を開けることができます。

●パナソニック

パーシャル冷蔵庫(NR-F561XPV)

こちらは、ガラスドアの大容量555Lの冷蔵庫となっています。酸化を防ぐことで買った日の鮮度そのままを保つことができます。また、野菜室も、冷凍室も「ワンダフルオープン」機能により、100%全開で大奥まで見ることができます。

●日立

真空チルド(R-G5700F)

こちらの冷蔵庫は、野菜室にプラチナ触媒を新しく採用している点が特徴です。また、真空保存室により食品の酸化を抑えて鮮度と栄養素を守ります。フロストリサイクル冷却などで、消費電力量の低減も実現しています。

シャープ

●プラズマクラスター冷蔵庫  SJ-GT55B-T

こちらの冷蔵庫は、大容量で際立つ収納力、メガフリーザーが特徴な冷蔵庫です。冷凍室を自由に仕切ることができるため、スッキリ整理することができます。また、「うるおいガード」機能により、野菜をどこに入れても、みずみずしいまま保存することが可能です。

人気メーカーの代表商品を比較してみた

では、上であぜた冷蔵庫について、それぞれ比較してみましょう。

比較してみるとどこのメーカーも、野菜室、冷凍室にそれぞれの強みをもっていますね。大きさも大きく変わらないことがわかります。後は、自分のライフスタイルにあった冷蔵庫を後悔のないように選びましょう。実際にお店に行って見にいき、店員さんにも話しを聞いてみてもいいかもしれませんね。

パナソニック

NR-F561XPV

 三菱MR-WX53Z 日立

R-G5700F

シャープ

SJ-GT55B-T

サイズ  685×733×

1828mm

 650×699×

1821mm

 685×738×

1818mm

 

685×745×

1820mm

容量 551L  517L  555L  551L
値段   207,900  179,500  191,600  205,806
野菜室の機能  ・ワンダフルオープン
・シャキシャキ野菜室
 ・「うるおう野菜」機能  ・プラチナ触媒を新採用

・スリープ保存の実現
・真空保存

・シャキット野菜室

・野菜室が真ん中

・「うるおいガード」と低温制御のダブル効果

 冷凍室の機能  ・差替えドア棚
・フリーケース
・全棚ガラストレイ
・1-2べんり棚
・パーシャル/チルド切替室
・パーシャル:
オート急冷(酸化ブロック冷却)
 ・氷点下ストッカーD  ・マルチバルブ制御

・フロストリサイクル冷却

 ・メガフリーザー

・4切れ名人