冷蔵庫を買い換える時引き取りはやってくれるの?

冷蔵庫を買い換えようと思っている方へ

そろそろ冷蔵庫を買い替えようかしら、と思っていらっしゃる方は、どのようなことに悩んでおられますか?

冷蔵庫の中身はどうしよう、運んでもらう時にやっておくことは?など様々だと思います。

家電量販店で気に入った冷蔵庫を見つけた後のことを考えてみましょう。

買い替えたいけど以前のものはどうしよう

いざ家電量販店で好みの冷蔵庫が見つかったとして、その後に考えるのは「今使っている冷蔵庫はどうしよう」ということだと思います。

昔であればトラックで「冷蔵庫などご不用品がございましたらを無料でお引き取り致します」みたいなことがあったかも知れませんが、現在は地球環境の観点から、不法投棄などをなくすために有償で引き取ってもらわなければなりません。

 

冷蔵庫は引き取ってくれるの?

では、どこでどのようにして引き取ってもらうの?ということですが、

一番多いケースは、購入した店舗にて有償で引き取ってもらうということのようですね。家電趙範店などでは、購入時に必ず「お引き取りの冷蔵庫はございますか?」と聞いてくれます。

家電リサイクル法により、冷蔵庫のリサイクル料は最大4,500円ほどですが、家電量販店や運送会社によって価格が違うようです。

 

家電量販店ではどうなの?

ヨドバシ

ヨドバシカメラの場合は、リサイクル回収代金にプラスでリサイクル輸送費が540円かかるようです。

メーカーなどによっても異なるようなので確認が必要です。これらの支払いは配達作業員に現金で支払うとのことでした。

 

ヤマダ電機

ヤマダ電機の場合は、店舗に古い冷蔵庫を持ち込んで冷蔵庫を購入した場合と、回収のみの場合、購入した冷蔵庫と引き換えに引き取りをする場合など、

複数のリサイクル回収ケースがあり、価格もそれによって異なります。

 

ビックカメラ

ビックカメラの場合は、同社のホームページにリサイクル料金が明確に記されています。

メーカーによって異なるため、細かく分けられていました。リサイクル回収料金と運搬費用などを足した金額で分かりやすく説明されています。

 

売るのも1つの手です

買い替え時に引き取りをされる方が殆どかもしれませんが、まだまだ使えるものなのであれば、売るという選択もできます。

リサイクルショップに行って見積もってもらうもよし、Yahoo!やメルカリなどの個人販売や、地域密着型のジモティーなど、様々な販売方法があります。

引き取ってもらえばお金がかかりますが、こうした方法を取れば100円でも儲けになるかも知れませんよ。

 

売る場合はこちらで売ってみよう

先にも書きましたが、売る場合であればリサイクルショップであったり、メルカリやYahoo!オークション、最近CMをやっている地元密着型のジモティーなどで販売するのが良いでしょう。

あくまでも「個人の意見」として使用感はあるがまだ使えることや、新しく買ったもののサイズが合わなかったので・・・などの理由を添えて販売すれば、購入者にも信頼して買ってもらいやすくなります。

 

冷蔵庫を買い換える時引き取りはやってくれるの? まとめ

いかがでしたか?

冷蔵庫の買い替えで引き取りはどうなのか。正規の家電量販店などでは必ず販売員の方が「引き取りはありますか?」と聞いてくれるので、引き取りは可能です。

そこに掛かる運賃などは今の家電リサイクル法によって決まったものがありますが、店舗によって、または、メーカーによっても異なるようですので、事前に下調べをしてから冷蔵庫を買い替えましょう。