冷蔵庫の選び方【マンション編】

冷蔵庫選びは慎重に

冷蔵庫は長く使うものですよね。

冷蔵庫の寿命は10年と言われています。

10年を過ぎると、パッキンや庫内の部品が劣化して故障していきます。

つまり、故障しない限り、10年同じ冷蔵庫を使うことになります。

また、冷蔵庫はとても高価なものが多いです。

なので、冷蔵庫はじっくり慎重に選びましょう!

といっても、どうやって良いのかがわからないなどと思う方もいると思います。

また、冷蔵庫を選んだ後に後悔はしたくないですよね。

冷蔵庫の選び方はたくさんあります。

機能性、容量、デザイン、値段など、いろいろな項目がありますが、

ひとつずつ自分のことを考えながら、

また、部屋の間取りなども考えながら冷蔵庫を選んでいきましょう。

kerr63 / Pixabay

冷蔵庫の選び方は人それぞれ

冷蔵庫の選び方というのは実は人それぞれ違います。

人によって考え方が違いますので、何を重視するのかによって選び方は変わります。

たとえば、性能を重視する人と値段を重視する人で選び方は違いますよね。

また、性能も値段もどちらもバランスよく考える人もいます。

また、自分が住んでいる部屋や同居している人数によっても選び方が

違っていきます。

同居している人との関係によっても違います。

友達同士の同居や恋人同士の同居などでも選び方は変わりますよね。

ほかには、料理を頻繁にするか、あまり料理をしないかなども関わっていきます。

とにかく、冷蔵庫の選び方は人それぞれ違って、

自分の状況を考えて冷蔵庫を選ぶのが大切なのです!

ijmaki / Pixabay

マンション住みの方は冷蔵庫をこう選ぼう

冷蔵庫のサイズ

冷蔵庫のサイズの選び方ですが、

こちらもたくさんの選ぶポイントがあります。

何人暮らしなのか?

料理は頻繁にするか?

部屋の大きさは?

キッチンの位置など、間取りは?

など、これらのすべてのポイントを抑えながら冷蔵庫のサイズを選びましょう。

ちなみに、

一、二人暮らしの方には200L

二,三人暮らしの方には300L

三,四人暮らしの方には400L

四人以上で暮らしている方には400L~

を目安に冷蔵庫の容量を決めるのがおすすめです。

部屋が狭い方にはコンパクトな冷蔵庫を選ぶのが良いですよね。

冷蔵庫の右開きや左開きは壁の位置などによって

使いづらくなることがあるので、しっかりとキッチンの間取りも頭に入れておきましょう。

あなたのライフスタイル

今度はライフスタイルから冷蔵庫の選び方を見てみましょう。

まずは、普段、頻繁に料理をするか、あまり料理をしないかを考えましょう。

頻繁に料理をする方には少し大きめの冷蔵庫を選び、

あまり料理をしない方には最低限の機能がついた冷蔵庫を選びましょう。

料理をするかしないかによって、冷蔵庫の値段は大幅に違ってくると思います。

自分のライフスタイルによって電力会社や料金プランを選びましょう。

それが節約のポイントにもなります。

また、製氷機能をつけるか、耐熱トップテーブルなどの機能をつけるか

などによっても冷蔵庫の値段は変わります。

ワンルームに住んでる方には静音性も考えたほうが良いですね。

静音性は口コミなどによって比較しましょう。

マンション住みの冷蔵庫の選び方 (総括)

それではマンションに住んでいる人の冷蔵庫の選び方をまとめてみましょう。

まずは、同居する人数や頻繁に料理をするか、料理を作り置きするかなどで

冷蔵庫のサイズを決めていきましょう。また、部屋の間取りや大きさも冷蔵庫を選ぶ際には

大切になっていきます。

自分のライフスタイルによって冷蔵庫に必要な機能なども考えましょう。

それだけで冷蔵庫の値段は大幅に変わっていきます。

今回紹介したポイントを抑えて、

自分の暮らしている状況をよく考えて冷蔵庫を選びましょう。

このように、冷蔵庫の選び方は人それぞれの住んでいる環境や

人それぞれのライフスタイルによって変わっていくので、

これらを参考にして自分に合った冷蔵庫をじっくりと考えて選びましょう!

ijmaki / Pixabay