冷蔵庫の選び方【一人暮らし編】

冷蔵庫選びは慎重に

一人暮らしの方は冷蔵庫の選び方に悩むことが多いと思います。

冷蔵庫を一人で使うわけですから冷蔵庫を選ぶときは

部屋の様子と自分の普段の生活から見直す必要があります。

もし一人暮らし用に冷蔵庫を購入して、

友達と同居し始めたり、恋人と同居し始めたりしたら、

確実に冷蔵庫の容量などが生活に合わなくなると思います。

なので、少し将来のことも考えながら冷蔵庫選びをしてみましょう。

また、一人暮らしで冷蔵庫などにお金をかけていられない

という方もいると思います。

食費や光熱費などを一人で負担し、お金がかかってしまう分、

冷蔵庫などの値段は抑えたいですよね。

しかし、冷蔵庫のことなんて詳しく知らないという人もいます。

そんな方には一人暮らしにおすすめの冷蔵庫を調べることをおすすめします。

一人暮らしにおすすめの冷蔵庫は調べればたくさんありますよ。

ed_davad / Pixabay

冷蔵庫の選び方は人それぞれ

冷蔵庫の選び方はいろいろあります。

一人暮らしをしている方にとっては冷蔵庫や電気代にあまりお金をかけたくないはずです。

そこで、選び方のパターンが違っていきます。

まず、電気代を節約したい。と考えている方には、

省エネ機能が搭載された冷蔵庫を選びますよね。

次に、冷蔵庫本体の値段を抑えたいと考える方は

あまり良い機能が搭載されていない安い冷蔵庫を選びますね。

この時点で選び方が違ってくるのです。

つまり、人それぞれで生活のスタイルや考え方、

収入や貯金などが違ってきますよね。

なので、自分の生活などを1番に考えて、それに合う冷蔵庫を選ぶのが大切です。

一人暮らしなのでやはりむずかしいですね。

PIRO4D / Pixabay

一人暮らしの方は冷蔵庫をこう選ぼう

冷蔵庫のサイズ

冷蔵庫のサイズ選びというのはすごく迷うものですよね。

将来を見据えても、いろいろ考えすぎてなかなか決まりません。

一人暮らしの方の冷蔵庫のサイズの選び方は、

個人によって違います。

基本的には、200L程度の容量の冷蔵庫を選びますが、

それよりも大きい冷蔵庫を選ぶ人ももちろんいます。

料理を頻繁にする人や作り置きをする人など人それぞれですからね。

電気代はどうでしょう?

200Lの冷蔵庫というと、一人暮らしにしては少し大きくないか?

と思いませんでしたか?

実は、大きい冷蔵庫のほうが電気代は安くなります。

冷凍庫はどれくらいが良いのでしょう?

一人暮らしなら冷凍食品なども冷凍する必要があるでしょう。

なので、50Lくらいのなるべく大きめの冷凍庫が良いですね。

 

あなたのライフスタイル

普段の生活の様子からも見てみましょう。

料理は頻繁にしますか?

もしよく料理をするならば、大きめの性能の良い冷蔵庫を選びましょう。

あまり自炊はしない。という方は、

最低限の機能がついた小さい冷蔵庫を買うべきですね。

一人暮らしとなると、部屋は狭い方が多いと思います。

そんな方には、コンパクトな冷蔵庫が良いでしょう。

または、静音性にすぐれた冷蔵庫のほうがいいですね。

狭い部屋なら寝ているときなど、冷蔵庫の音が気になるといったこともあります。

また、部屋のスペースも考えて、

耐熱トップテーブルがついている冷蔵庫であれば、

冷蔵庫の上に電子レンジなどを乗せられ、スペースを広く取れます。

一人暮らしの方の冷蔵庫の選び方 (総括)

一人暮らしの方の冷蔵庫の選び方についてまとめてみましょう。

まず、冷蔵庫の大きさは200Lほどがちょうど良いです。

自炊するかしないかで冷蔵庫の大きさや性能も変わりますので、

冷蔵庫の値段が変わっていきます。

部屋の大きさや間取りを考えていますか?

一人暮らしの部屋にはなるべくコンパクトな冷蔵庫が良いですよ。

静音性の高い冷蔵庫は一人暮らしの方には必須と言えるでしょう。

また、部屋のスペースを節約するためにも耐熱トップテーブルも必要です。

いかがでしょうか。

一人暮らしの方にとっては冷蔵庫を選ぶのに迷いますよね。

今回の冷蔵庫の選ぶポイントを抑えながら自分にぴったりの冷蔵庫を探してみてください。

最終的に使うのはあなたですから後悔しない選び方をしてくださいね。

PublicDomainPictures / Pixabay