さまざまな冷蔵庫のサイズを比較してみた

冷蔵庫はサイズが色々あってわからない

あなたは冷蔵庫のサイズか多くて、どのサイズを買えばいいか悩んだことはありませんか?

また大きさといっても容量で選ぶのか、幅で選ぶのかでも選ぶ冷蔵庫は違ってきますよね。

野菜室、冷凍室の大きさも冷蔵庫によって違ってくるためよく見て調べる必要があるでしょう。

今回はこの冷蔵庫のサイズについて比較していきたいと思います。

自分に合った冷蔵庫のサイズを見つけよう

大きい冷蔵庫を買えばいいのでは?と思う人もいるかもしれません。

しかし極端な話、1人暮らしの人が4人暮らし用の冷蔵庫を買ったところで、絶対冷蔵庫の中身はすかすかになるでしょう。

大きければいいという訳ではなく、自分の生活スタイルにあった冷蔵庫を選ぶことが重要なポイントになってきますよね。

代表的な冷蔵庫のサイズはコレ

では代表的な冷蔵庫のサイズは一体どれくらいなのか?

一般的な冷蔵庫のサイズは、冷蔵庫の容量目安計算式で計算して容量を決めることが多いです。計算式は下記の通りです。
70L×家族の人数+常備品分(100L)+予備(70L)

あくまで目安の容量なので、 週末にまとめ買いをすることが多いようなライフスタイルの場合、 もう少し大きい容量が必要になるかもしれません。

 

実際に冷蔵庫のサイズを比較してみた

では実際に容量などをみて冷蔵庫のサイズを比較してみましょう。

●1〜2人暮らし用 100〜200リットル

●2〜3人暮らし用300〜400リットル

●4〜5人暮らし用 450〜500リットル

●大家族用 600リットル以上

もしくは幅を測定し、冷蔵庫を選択することも可能です。

500mm以下の冷蔵庫から700mm以上の冷蔵庫があるため、まずは自分のキッチンのスペースを把握し空きスペースを測定してから、冷蔵庫を選ぶことも大切なポイントになるでしょう。

 

さまざまな冷蔵庫のサイズを比較まとめ

機能なども冷蔵庫を選ぶ上で大切なポイントですが、容量や幅をしっかりと把握して、冷蔵庫を選ぶことでスペースを無駄にしなくてすみますし、重要なポイントになってくるのではないでしょうか。

自分のライフスタイルにあった冷蔵庫はなにか、じっくりと考えて

後悔のない冷蔵庫選ぶをしてくださいね。